バッグ2重層の秘密

2017.02.28

A-3-107-BWML-P-01

バイカラーのデザインが人気の
GLAM JAMのスタッズバッグ。
実は、バイカラーの構造はデザイン面を考えられて作られたわけでないのです。

良いものを作りたい!
という想いから誕生したバイカラー。
どのような経緯でバイカラーのバッグになったのでしょうか。
今回は、そんなバッグ2重層の秘密をお教えいたします。

2重層で丈夫な作り

GLAM JAMのスタッズは、外れにくい打ち込みタイプを採用しています。
また、1面びっしりにスタッズを打つため、重く生地に負担がかかります。

厚手の生地であっても1枚だと、
打ち込みタイプのスタッズであっても、生地がたるみスタッズが外れてしまいます。
「スタッズがメインのバッグなのに、外れてしまっては意味がない。」
と、様々な生地でサンプルを作り試しました。

A-3-107-BWML-P_m03

そこで、辿りついたのが、
厚手のキャンバス地を2枚重ねにする2重構造だったのです。

また、打ち込み対応にスタッズは、
生地の裏にスタッズがひびいてしまいます。
2重構造にすることにより、このスタッズの跡を隠すことができ、
表面だけでなく裏面も綺麗な作りに仕上がりました。

コーディネートのワンポイントに。

A-3-107-BWML-P_m01

もちろん、デザイン面でもバイカラーの工夫をしています。

元々は、バッグを持った時に裏地のカラーが見えないような作りにしていました。
しかし、「バイカラーをしっかり見せることで、コーディネートのワンポイントになるのでは?」
と、持った時に裏地の色が見えるようなデザインに変更をしました。

元々は、デザインとして考えられていなかったバイカラーですが、
採用するからには、「おしゃれに持っていただきたい。」
というスタッフの想いから現在の形が出来上がりました

今では、このバイカラーの作りが定番となり、
GLAM JAMのバッグの中でも人気商品となっています。

LIST

HOME > DECOLUMN > バッグ2重層の秘密