GLAMJAMのスタッズバッグは、デコレーション専門店のこだわりが詰まっています。

2017.02.28

GLAM JAMのスタッズバッグは、
スタッズやストーンのデコレーション専門店だからこその知識やノウハウを生かし、
細部にまでこだわりが詰まっています。
今回は、そんなGLAM JAMのバッ グの「こだわり」をご紹介いたします。

kodawari1シンプルで飽きのこないバッグの形

バッグは、ファッションのワンポイントとなるアイテムでもあり、仕事やショッピングなど、毎日の生活に欠かせないアイテムでもあります。
数あるバッグの中で、スタッズバッグは特にインパクトがあり個性の強いバッグです。
デザイン性の強いバッグだからこそ、形はシンプルに。
毎日使っていただけるよう、飽きのこない形にこだわりました。

a-3-110-bkmx-r-01

Gまた、バッグの形には、スタッズ専門店だからこそのこだわりも!
それは、バッグの表面にデコレーションがしやすい形であるということです。
いくらバッグのデザインがおしゃれであっても、
デコレーションがしづらく、ポイントとなるスタッズのデザインや配列が雑では意味がありません。
あくまでも主役はスタッズ。
そのスタッズを引き立たせる形でもあるのです。

kodawari2スタッズの外れにくいキャンバス地素材

スタッズには、ホットフィックスと呼ばれる接着剤が裏面についたスタッズと、
打ち込みタイプのスタッズの2種類があります。
打ち込みタイプは、スタッズ自体をバッグに食込ませ取り付ける手法のため、外れにくくなっています。
一方ホットフィックスは、熱で接着剤を溶かし取り付ける方法のため、
素材が合わないと外れやすくなってしまいます。
バッグを考案した当時は、ホットフィックスが主流。
そのため、1番ホットフィックスに適した素材をと、辿りついたのがキャンバス地でした。
しかし、キャンバス地1枚ではまだまだ完璧と言えるまでの強度がなく。。。
試行錯誤した結果、生地に厚みと硬さを出すと強度が強くなることが分かりました。
スタッズの外れにくさにこだわった結果、現在の形でもある、
外側と内側の生地の2重層のデザインが完成しました。

a-3-110-bkmx-r-07

kodawari3ハンドメイドでつけるスタッズ

グラムジャムのバッグのスタッズは、強度とデザイン性にこだわり、
全て手作業のハンドメイドで取り付けられています。
1つ1つの手作業は細かく、1つ完成さえるのにも時間がかかります。
しかし、私たちはデコレーションのプロです。
手作業での完成度には自信があり、またその良さも理解しています。
デコレーションの技術を伝え教えることができる、専門店だからこそなし得ることでもあるのです。
使ってくださる皆様に「買ってよかった!」と思っていただきたいからこそ、
手間暇を惜しまず、ハンドメイドにこだわっています。

LIST

HOME > DECOLUMN > GLAMJAMのスタッズバッグは、デコレーション専門店のこだわりが詰まっています。